space
HOME ≫ JAS法とは

JAS法とは

JAS法とは

JAS法の本当の名前をご存知ですか?

  正式には「農林物資の規格化等に関する法律」といいます。

  この法律は、飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度(任意の制度)」に関するものであり、この法律で定められたルールにしたがって皆さんの身の回りの食品などには、JASマークが付いています。 昭和25年にJAS法が制定された当時は、戦後の混乱による物資不足や模造食品の横行による健康被害等が頻発しており、農林物資の品質改善や取引の公正化を目的としてJAS規格制度がまず発足しました。
 
昭和45年には、JAS規格のある品目について表示の基準(品質表示基準制度)を定めることにより、消費者が商品を購入する時に役立つように改正されました。 また、平成11年に消費者に販売される全ての食品に表示が義務づけられるようになり、さらに、平成21年に食品の産地偽装に対する直罰規定が創設されました。
 
平成27年4月の食品表示法の施行に伴い、JAS法の食品表示に関する規定が食品表示法に移管されるとともに、JAS法の名前が「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」から「農林物資の規格化等に関する法律」に変更となりました。

 

JAS法関連

JAS法とは?

有機食品の検査認証制度

・有機食品の検査認証制度について[PDF]

日本農林規格

・日本農林規格について

認定の技術的基準及び検査制度

・認定の技術的基準について

・検査の方法について

その他の関連情報

・有機JASマークの登録認定機関名に使用している名称  

生産情報公表JAS規格について

生産情報公表JAS規格の概要

有機農畜産物加工酒類について

酒類における有機の表示基準について

特別栽培農産物等について

特別栽培農産物に係る表示ガイドラインについて

space
space
PAGE TOP