space
HOME ≫ 認定に関する規則と基準

認定に関する規則と基準

農林水産省施行規則で定める基準など

(申請書受理拒否、格付業務の停止、格付商品の出荷停止、認定の取消し関係など)

申請に関すること 

施行規則 第46条第一項 ハ (1)から(3)及び認定の技術的基準

条 件

認定拒否

格付の表示の除去若しくは抹消の命令に違反し、又は報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、若しくは同項若しくは検査を拒み、妨げ、若しくは忌避したことにより、罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から一年を経過しない者

申請書受理拒否

認定を取り消され、その取消しの日から一年を経過しない者
認定の取消しの日前三十日以内にその取消しに係る者(法人又は人格のない社団若しくは財団で代表者若しくは管理人の定めのあるものに限る。)の業務を行う役員(人格のない社団又は財団で代表者又は管理人の定めのあるものにあつては、その代表者又は管理人)であつた者でその取消しの日から一年を経過しないもの
当該申請の認定の技術的基準に重大な不適合が発見された場合

認定後に関すること

施行規則 第46条第一項 ニ(ISO 17065に適合する方法で検証を行なう)

条 件

ステップ1

ステップ2

公 表

(1) 認定の技術的基準を維持すること(取得後の運用での適合)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OCOは条件に違反又は、報告せず又は虚偽の報告、又は検査を拒否、忌避したとき※格付業務の停止、格付商品の出荷停止の請求を行なう
(農林水産大臣に報告)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拒否した場合は、取消しを行なう 
取消日より1週間前に弁明の機会を与える 
(農林水産大臣に報告)

 

 

 

 

 

 

※格付業務の停止、格付商品の出荷停止の公表

認定の公表、認定の取消( 認定の取消し、格付業務の廃止は1年間公表)

 

(2) 格付後に、譲渡・陳列すること(商品とJASマークが一体)
  1. 格付後、格付と一致しないことが判明した場合はJASマーク抹消・削除すること
2. 何人も、認定業者以外は格付できないこと
3. 格付した包装資材の再使用の禁止
(3) 農林水産大臣の改善命令に対し、期間内に改善すること又、報告や立入検査を拒み・忌避することはできないこと
(4) 認定業者を廃止しようとするときはあらかじめOCOに通知すること
(5) 認定受けている旨の広告・表示及びOCO審査内容並び認定に関する業務の内容について、その他の商品が認定受けている商品と誤認させないこと
(6) 認定受けている旨の広告・表示を行うとき、JASに適合していることを示す目的以外の目的で行ってはいけない
(7) (5)と(6)について、広告・表示の改善及び表示の取止めの請求されたとき応じること
(8) (5)と(6)以外に、認定に係る種類の農林物資以外の商品が認定及びOCO審査内容並び認定に関する業務受けているような誤認されないように努めること。
(9) OCOは、定期的又は、必要に応じて行う(1)の条件が尊守されているか確認するための審査に協力すること
(10) 毎年6月末までに、年間格付実績をOCOに報告すること
(11) OCOは、認定業者が適切に格付を行っているか、又は(5)、(6)、(8)の条件が尊守されているか確認の必要があるときは、認定業務報告に関する必要な報告を求め、又、認定に係わる工場、ほ場、事務所、事業所、倉庫、その他の場所に立ち入り、格付け、格付表示、農林物資の広告・表示、その原料、帳簿、書類、その他の物件を検査できる
(12) OCOは、(1)から(10)までの条件に違反又は、(11)の報告せず又は、虚偽の報告、検査を拒み、妨げ、忌避をしたときは、認定の取消し及び格付の停止並び格付商品の出荷停止を請求できる
(13) OCOは、(12)の請求に応じないときは認定を取消す。
(14) 認定業者の氏名、住所等及び(12)の規定の請求、認定を取消し、格付の廃止のときは業者名、認定日又は、当該年月日などを公表すること

認定の取消しその他の措置の実施方法に関する基準 

施行規則 第46条第三項  (ISO 17065に適合する方法で検証を行なう)

条 件

ステップ1

ステップ2

公 表

OCOは、認定業者が認定の技術的基準に適合しなくなったとき又は適合しなくなるおそれがあるときは、(へ(1)に該当するときは除く。)認定の技術的基準に適合させるため必要な措置を請求すること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OCOは、条件に違反した時は、改善措置の期間は、※格付業務の停止、格付商品の出荷停止の請求を行なう
(農林水産大臣に報告)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年を超えると見込まれる場合 は、取消を行う取消日より1週間前に弁明の機会を与える 
(農林水産大臣に報告)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※格付業務の停止、格付商品の出荷停止の公表

 

認定の取消の公表
(認定の取消し、格付業務の廃止は1年間公表)

 

 

 

格付後の譲渡(商品とJASが一体)及び格付後、不適合が判 明した場合は、JAS抹消・削除する並び何人も認定業者以外の格付はできない、又、格付表示後の袋等の再使用の禁止などに違反した場合は、(ヘ(2)に該当するときは除く。)格付業務の改善に必要は措置を請求すること

第1号二(5)又は(6)に違反したときは、広告又は表示の方法の改善又は、広告又は表示をやめるべきことを請求すること
イからハまでの規定を請求する場合は、請求改善措置を講じるまでの相当な期間を有するものと見込まれた場合は、その期間、格付業務及び格付商品の出荷停止を請求すること。また、措置を講じるまでの期間が1年を超えると見込まれた場合には、認定を取消すこと
正当な理由がなく、第一号二(11)の報告をせず又は、虚偽の報告をし、また、同号二(11)の検査を拒否し、妨げ、忌避したときは、認定業者が真実かつ、正確な報告及び検査(検査終了まで)に応じるまでの期間は、格付業務及び格付商品の出荷停止を請求すること
次のいずれかに該当する場合は、その認定を取消すこと
  (1) 認定の技術的基準に適合しなくなった場合で、適合することが見込めない場合のとき
  (2) 格付後の譲渡(商品とJASマークが一体)及び格付後、不適合が判明した場合は、JASマークの抹消・削除する並び何人も認定業者以外の格付はできない、又、格付表示後の袋等の再利用の禁止などに違反が故意又は重大な過失によるとき
  (3) 農林水産大臣は、格付表示が適当でないと認めるとき、期間を定めその改善又は格付表示の除去又は抹消を命ずることができる。(改善命令など)又、この法律の範囲で、品質(格付含む)に関する表示、農林物資に係る名称・表示に関し必要な報告、工場、ほ場、事務所、事業所、倉庫、その他の場所に立ち入り、格付け、格付表示、農林物資の広告・表示、その原料、帳簿、書類、その他の物件の検査を拒み、検査を拒み、妨げ、忌避をしたときは、認定の取消しを求めたとき
  (4) 正当な理由がなく、二又はホの規定のいる請求に応じないとき
イからホまでに定めるもののほか、認定に付された条件に違反したとき、適切な指導を行う。認定業者が従わないときは、認定の取消しその他の適正な措置を講ずること
認定の取消しをしようとするときは、その1週間前までにその旨を通知し、弁明の機会を付与すること
イからチまでに定めるもののほか、ISO 17065の認定の基準に適合する方法により、認定の取消しその他の措置を実施すること

※ この、表は施行規則を簡略化し一般向きに変更していますのでご注意ください。詳しいことを確認したい人は、農林水産省のホームページのTOPページの「消費」から「食品表示とJAS規格」を開きの「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律、法施規則」をご覧ください。又、農林水産省ホームページ「食品表とJAS規格」に違反者などの新着情報が公表されていますのでご覧ください。

 

http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/jasindex.htm

 

space
space
PAGE TOP